« 小児非心臓手術患者におけるリスク評価指標の検証 | トップページ | 抜管直前のPEEP付加と術後無気肺の関連 »

2019年11月 7日 (木)

新規のNETs定量は重症患者におけるDIC発症を予測しうる

Abrams ST, Morton B, Alhamdi Y, et al. A Novel Assay for Neutrophil Extracellular Trap Formation Independently Predicts Disseminated Intravascular Coagulation and Mortality in Critically Ill Patients. American journal of respiratory and critical care medicine 2019;200:869-80.

英国の研究者がまとめたstudyで、白血球から放出されるNETsの新しい定量方法を考案し、重症患者で実際に測定した上で、臨床経過、特にDICとの関連を検討しています。測定方法は患者血漿を白血球に暴露してNETsの放出を半定量的に評価しています。臨床研究としては重症患者341症例で解析した結果、78%の症例で患者血清のNETs放出能が認められています。NETs放出は敗血症の診断、血小板減少、DICの診断、臓器障害、死亡と有意に関連していることが示されています。またIL-8と患者血清のNETs放出能と相関し、抗IL-8抗体投与でNETs放出能が抑制されることから、NETs放出にIL-8が関与していることも示されています。



 

« 小児非心臓手術患者におけるリスク評価指標の検証 | トップページ | 抜管直前のPEEP付加と術後無気肺の関連 »

Prospective study」カテゴリの記事

過去の記事

近況報告

  • 臨床麻酔学会シンポジウム
    11/8(金)午後に筋弛緩に関するシンポジウムが予定されています。多数のご参加をお待ちしております。
  • 第66回日本麻酔科学会
    初日の午後のシンポジウムおよび最終日のリフレッシャーコースで発表させていただきます。2日目の学術委員会企画でも座長を仰せつかっております。多数のご参加をお待ちしております。
  • 集中治療医学会@京都
    第20会場でのICUモニタリングup-to-dateというシンポジウムに多数ご参加いただきありがとうございました。
  • J Intensive Care
    本年もreviewer of the yearに選んでいただきました。
  • 麻酔科研修ノート第3版
    稲田先生、上村先生、土田先生、村川先生編集による第3版が刊行されました。管理人も3項目執筆いたしました。
  • 2019年
    12年目になりました。ひきつづきよろしくお願いいたします。
  • Web seminar
    9/25夕方、大塚製薬工場さん主催のweb seminarで「生理学でひもとく最近の周術期循環管理」という内容で発表させていただきました。再放送も予定されているとのことですので、ご興味のある方は大塚製薬工場の担当者にご相談ください。
  • 病院移転
    6/16に行われた管理人の施設の移転が地上波で放送されることになりました(7/27夜NHK)。
  • 病院移転
    管理人の勤務先の新病院への移転が6/16に行われ、無事終了いたしました。
  • 集中治療医学会@幕張
    2/22(木)の午後のCTG委員会企画のシンポジウムに多数ご参加頂きありがとうございます。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ