« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

高齢患者における全身麻酔は脳amyloid蓄積を増加させない

Sprung J, Warner DO, Knopman DS, Petersen RC, Mielke MM, Jack CR, Jr., Lowe VJ, Martin DP, Hanson AC, Schroeder DR, Przybelski SA, Schulte PJ, Weingarten TN, Vemuri P: Exposure to surgery with general anaesthesia during adult life is not associated with increased brain amyloid deposition in older adults. Br J Anaesth 2020; 124: 594-602

米国の研究者が行ったdatabaseを用いた研究で、高齢者における全身麻酔とAlzheimer病の関連を調査しています。用いたDatabaseは70歳から97歳までの高齢者の認知機能を経時的に追跡したもので、15ヶ月毎にPETとMRIが行われています。Alzheimer病の指標としてはPETによるAmyloid betaタンパクの蓄積と側頭葉の皮質厚を用いて評価しています。40歳以降に全身麻酔下に手術をうけた約500例と手術歴のない約90症例を比較した結果、Amyloid betaタンパクの蓄積の蓄積に関しては有意差がなく、側頭葉の皮質厚に関しては手術歴のある群で有意に低下していることが示されています。考察では高齢者における術後の認知機能低下はAmyloid betaタンパクの蓄積以外の病態で発生している可能性が高いと述べられています。







 

2020年6月29日 (月)

ARDSを呈しない患者における一回換気量と心機能の関連

Cherpanath TGV, Simonis FD, Bouma BJ, de Bruin-Bon RH, Determann RM, Juffermans NP et al: Myocardial Function during Low versus Intermediate Tidal Volume Ventilation in Patients without Acute Respiratory Distress Syndrome. Anesthesiology 2020, 132:1102-13.

オランダの研究者が行い、2018年にJAMAに掲載されたPReVENT trialのsubstudyで、一回換気量の多寡によってventilator-induced cardiac dysfunctionの程度に差があるかどうかを検討しています。一回換気量4-6ml/kgのlow tidal volume群21症例、一回換気量8-10ml/kgのintermediate tidal volume群20例で人工呼吸開始後myocardial performance indexを比較しています。intermediate tidal volume群ではmyocardial performance indexが増加し、心機能が低下していることが示されています。さらに解析した結果、収縮能の変化が主体であり、拡張能には有意な変化が認められないことが明らかになっています。機序として炎症反応と胸腔内圧の差が考えられると考察されています。

 

2020年6月26日 (金)

急性腎傷害患者における血液浄化法の開始時期

Gaudry S, Hajage D, Benichou N, Chaïbi K, Barbar S, Zarbock A et al: Delayed versus early initiation of renal replacement therapy for severe acute kidney injury: a systematic review and individual patient data meta-analysis of randomised clinical trials. Lancet (London, England) 2020, 395:1506-15.

フランスの研究者がまとめたmeta解析で、重症患者における腎代替療法の開始時期が生命予後に及ぼす影響を10編のRCTを用いて解析しています。同様のmeta解析はすでに報告されていますが、本研究では古い報告を対象外としている点、腎機能が自発的に改善し、結果として腎代替療法を必要としなかった症例を含んでいる点を特徴としています。28日死亡率が報告されている約1700症例を対象として解析した結果、28日死亡率は両群とも44%で有意差が認められませんでした。その他の2次評価項目にも有意差が認められておらず、腎代替療法開始時期は予後に影響しないことが示されています。考察では代謝性の緊急事態がない場合は、腎代替療法の開始を急ぐ必要はないと述べられています。

2020年6月25日 (木)

重症患者における安静時エネルギー消費量と病期の関連

Tah PC, Lee ZY, Poh BK, Abdul Majid H, Hakumat-Rai VR, Mat Nor MB et al: A Single-Center Prospective Observational Study Comparing Resting Energy Expenditure in Different Phases of Critical Illness: Indirect Calorimetry Versus Predictive Equations. Critical care medicine 2020, 48:e380-e90.

マレーシアの研究者が行ったprospective, observational studyで、ICU患者におけるエネルギー消費量の推定式の精度を検証した報告です。エネルギー消費量推定式としては15種類、修正版を加えると34種類が検討対象となっています。対照には間接熱量計の測定値が用いられており、急性期、後期および慢性期に評価を行っています。約300症例を対象として解析した結果、いずれの推定式の精度もmoderateと結論されています。推定式の中では1990年に人工呼吸患者を対象として確立された推定式が最も一致度が高かったと述べられています。

 

2020年6月23日 (火)

非心臓手術後の高感度troponin T上昇と術後合併症の関連

Ackland GL, Abbott TEF, Jones TF, Leuwer M, Pearse RM: Early elevation in plasma high-sensitivity troponin T and morbidity after elective noncardiac surgery: prospective multicentre observational cohort study. British journal of anaesthesia 2020, 124:535-43.

VISION studyのsubstudyで、VISION studyに参加した英国の4施設のdataを用いて術後24時間以内の高感度troponin T濃度上昇と術後合併症の関連を検討しています。対象となった約4300症例のうち、23%で高感度troponin T濃度上昇が認められています。術後7日目までの合併症発生率はtroponin T非上昇群、上昇群でそれぞれ34%、55%で有意差が認められています。この他troponin T上昇群では死亡率、重症合併症発生率、ICU滞在期間延長などが認められています。考察ではtroponin Tが術後riskをreal timeに反映する指標となり得ると述べられています。

 

2020年6月22日 (月)

非心臓手術後の低gradeのAKIは長期的な腎機能障害と関連する

Turan A, Cohen B, Adegboye J, Makarova N, Liu L, Mascha EJ et al: Mild Acute Kidney Injury after Noncardiac Surgery Is Associated with Long-term Renal Dysfunction: A Retrospective Cohort Study. Anesthesiology 2020, 132:1053-61.

米国の研究者が行ったretrospective studyで、非心臓手術後7日までにAKIを発症した患者の2年後までの腎機能の経過を解析した報告で、特にstage 1 AKIとstage 2以上のAKIの差に注目して行われた研究です。約1万6千症例を対象として検討した結果、術後AKI発生率は3%、stage 1 術後AKI発生患者は非AKI発生患者と比較して術後sCrの上昇が生じるリスクが2.4倍であることが示されています。2年後までの死亡率には有意差認められませんでした。考察ではstage 1 の術後AKIであっても長期予後に悪影響を及ぼすことが明らかになったと述べられています。

 

2020年6月19日 (金)

拡大手術を受ける患者における術前身体機能、認知機能および精神状態と1年後予後との関連

Tang VL, Jing B, Boscardin J, Ngo S, Silvestrini M, Finlayson E et al: Association of Functional, Cognitive, and Psychological Measures With 1-Year Mortality in Patients Undergoing Major Surgery. JAMA surgery 2020, 155:412-8.

米国の大規模databaseを用いて行われたretrospective studyで、66歳以上で腹部大動脈置換術、冠動脈バイパス、大腸切除を受けた症例を対照として術前の身体機能、認知機能および精神状態と1年後予後の関連を解析した報告です。対象患者約1300症例の平均年齢は76歳で、1年死亡率は17%であることが示されています。1年死亡率の独立したリスク因子としてはADLの非自立、instrumental ADLの非自立、2~3blockの歩行に支障あり、認知機能低下およびうつ状態が抽出されました。さらにリスク因子の数に比例して1年死亡率が増加することも示されています。

 

2020年6月18日 (木)

中心静脈カテーテル、動脈カテーテル関連血流感染症の治療に際しては挿入部位を考慮するべきである

Buetti N, Ruckly S, Lucet JC, Perozziello A, Mimoz O, Souweine B et al: The Insertion Site Should Be Considered for the Empirical Therapy of Short-Term Central Venous and Arterial Catheter-Related Infections. Critical care medicine 2020, 48:739-44.

フランスの研究者がこれまでに行ったRCTのデータを集積して行った研究で、カテーテル関連血流感染症およびカテーテルのcolonizationを生じる菌種と挿入部位の関連を解析しています。中心静脈カテーテル約9千本、動脈カテーテル約6千本を対象として解析した結果、中心静脈カテーテル由来の血流感染症は1.23および11.6/1000 catheter days、動脈カテーテルに関しては0.8および11.6/1000 catheter daysであることが示されています。中心静脈カテーテル、動脈カテーテルいずれも大腿で挿入された場合は非発酵性グラム陰性桿菌が起因菌であるリスクが有意に増加していることが示されています。考察ではカテーテルが大腿から挿入されている場合は緑膿菌をカバーした抗菌薬投与が望ましいと述べられています。

 

2020年6月16日 (火)

高齢長時間手術患者における術後肺合併症に及ぼすsugammadexとneostigmineの比較

Togioka BM, Yanez D, Aziz MF, Higgins JR, Tekkali P, Treggiari MM: Randomised controlled trial of sugammadex or neostigmine for reversal of neuromuscular block on the incidence of pulmonary complications in older adults undergoing prolonged surgery. Br J Anaesth 2020; 124: 553-561

米国で行われたRCTで、筋弛緩拮抗薬が術後肺合併症に及ぼす影響を比較しています。70歳以上、3時間以上の開腹手術患者200症例を対象として術中は神経刺激装置を用いてTOFC =2となるよう管理し、neostigmine 0.07mg/kgあるいはsugammadex 2mg/kgが投与されています。PACUでの残存筋弛緩はsugammadex群で10%、neostigmine群では49%と報告されています。院内での呼吸器合併症はsugammadex群で少ない傾向が認められますが、統計学的有意差は認められませんでした。術後再入院率はsugammadex群で有意に減少しています。

 

2020年6月15日 (月)

くも膜下モルヒネ投与による硬膜穿刺後頭痛の予防

Peralta FM, Wong CA, Higgins N, Toledo P, Jones MJ, McCarthy RJ: Prophylactic Intrathecal Morphine and Prevention of Post-Dural Puncture Headache: A Randomized Double-blind Trial. Anesthesiology 2020, 132:1045-52.

米国の研究者が行ったRCTで、偶発的硬膜穿刺後頭痛(PDPH)の治療手段として、くも膜下morphineの効果を生理食塩水と比較した報告です。この研究は2010年に硬膜外morphineがPDPHの治療として有効であったという報告に基づいて計画されています。硬膜外ブロックによる無痛分娩の際に偶発的硬膜穿刺を生じた症例で、Thouy針からくも膜下にカテーテルを挿入し、無痛分娩を行い、分娩後にくも膜下morphineまたは生理食塩水を投与しています。63症例を対象として中間解析を行った結果、両群ともPDPHの発生頻度が78%程度で、有効性が示される可能性が低いと結論され中止となっています。くも膜下morphineに特有のかゆみ等の症状が見られておらず、有効でなかった理由の一つとして薬液がくも膜下腔から漏れ出た可能性が考察されています。

 

2020年6月12日 (金)

院内発生、市中発生の敗血症における初期治療バンドルが死亡率に及ぼす影響

Baghdadi JD, Brook RH, Uslan DZ, Needleman J, Bell DS, Cunningham WE et al: Association of a Care Bundle for Early Sepsis Management With Mortality Among Patients With Hospital-Onset or Community-Onset Sepsis. JAMA internal medicine 2020, 180:707-16.

米国の研究者がまとめたretrospective studyで、敗血症バンドル(SEP-1)の適応による予後改善が院内発生の敗血症についても成立するかどうかを検討した報告です。カリフォルニア州の4施設の6400症例が解析対象となり、約4100症例が市中発生、約2300症例が院内発生でした。主要評価項目としては院内死亡率、2次評価項目としては昇圧薬投与期間が用いられています。市中発生の肺血症患者でSEP-1の適応率が高いことが示されています。SEP-1の完全実施はいずれの群に関しても院内死亡率の改善との関連は認められませんでしたが、院外発生敗血症では血液培養と広域抗菌薬投与が死亡率の改善と関連が認められています。一方、院内発生敗血症では広域抗菌薬投与のみが死亡率改善と関連していることが示されています。

 

2020年6月11日 (木)

人工呼吸患者における平均気道内圧による90日死亡の予測

Sahetya SK, Wu TD, Morgan B, Herrera P, Roldan R, Paz E, Jaymez AA, Chirinos E, Portugal J, Quispe R et al: Mean Airway Pressure As a Predictor of 90-Day Mortality in Mechanically Ventilated Patients. Critical care medicine 2020, 48(5):688-95.

ペルーの4施設で行われたprospective, observational studyで、人工呼吸開始から24時間までの平均気道内圧と90日死亡率の関連を検討した報告です。従来から用いられているプラトー圧、駆動圧と比較した平均気道内圧のメリットは分時間気量の影響を受けることから死腔率、二酸化炭素産生量にも影響されることが挙げられています。約1700症例を対象として解析した結果、年齢、APACHE IIIなどに加えてP/F比、平均気道内圧上昇も90日死亡率の独立したリスク因子であることが示されています。予測精度としてはプラトー圧、駆動圧とほぼ同じであったと述べられています。

 

2020年6月 9日 (火)

パルスオキシメーター波形解析による全身麻酔導入時の血圧変動の推定

Ghamri Y, Proença M, Hofmann G, Renevey P, Bonnier G, Braun F, Axis A, Lemay M, Schoettker P: Automated Pulse Oximeter Waveform Analysis to Track Changes in Blood Pressure During Anesthesia Induction: A Proof-of-Concept Study. Anesthesia and analgesia 2020, 130(5):1222-1233.

スイスの研究者が確立したパルスオキシメーター波形から血圧を推定するプログラム(optical blood pressure monitoring, oBPM)の精度を観血的動脈圧との較して解析した報告です。評価としては20%以上の血圧変動の検出が用いられており、観血的動脈圧の変化からoBPMの変化が生じるまでの時間別に解析しています。38症例の麻酔導入時の血圧変化に関して解析した結果、oBPMは60秒以内に発生する急速な血圧変化を極めて正確に予測しうることが示されています。考察では観血的動脈圧測定の代替ではなく、観血的動脈圧測定を行わない患者における非観血血圧測定の間を補完する手段として開発されたと述べられています。

 

2020年6月 8日 (月)

sevoflurane麻酔下での脳波波形は年齢による影響を受ける

Kreuzer M, Stern MA, Hight D, Berger S, Schneider G, Sleigh JW, García PS: Spectral and Entropic Features Are Altered by Age in the Electroencephalogram in Patients under Sevoflurane Anesthesia. Anesthesiology 2020, 132(5):1003-1016.

ドイツ、米国、ニュージーランド、スイスの研究者がまとめたprospective, observational studyで、BISおよびEntropyモニタが年齢によってどのように影響されるかを調査した報告です。propofol導入sevoflurane維持下の180症例から18-43歳までの症例46例と73-90歳までの46例で比較しています。結果として年齢が上がると脳波全体の電圧が低下しますが、周波数帯域によって差があり、beta波のoscillationが年齢による影響で減少するのに対して、alpha波のoscillationには変化が見られなかったと述べられています。さらに年齢による変化を検出するうえでは周波数別の変化に加えてentropyの増加を取り入れることが有用であると述べられています。

 

2020年6月 4日 (木)

急性病態後の慢性疼痛の疫学

Koster-Brouwer ME, Rijsdijk M, van Os WKM, Soliman IW, Slooter AJC, de Lange DW, van Dijk D, Bonten MJM, Cremer OL: Occurrence and Risk Factors of Chronic Pain After Critical Illness. Critical care medicine 2020, 48(5):680-687.

オランダの研究者がおこなったretrospective studyで、4年間にICUで48時間以上治療を受けた患者を対象として1年後の慢性痛の有無、性状を調査した報告です。約1000症例から調査への協力が得られ、慢性痛の発生頻度は18%であることが明らかになりました。慢性痛の性状としては神経傷害性疼痛、侵害性疼痛がそれぞれ半数ずつと報告されています。慢性疼痛の独立したリスク因子としては女性、高度の炎症が挙げられています。

 

2020年6月 2日 (火)

機械学習によるICU患者の急性血圧低下エピソードの予測

Cherifa M, Blet A, Chambaz A, Gayat E, Resche-Rigon M, Pirracchio R: Prediction of an Acute Hypotensive Episode During an ICU Hospitalization With a Super Learner Machine-Learning Algorithm. Anesthesia and analgesia 2020, 130(5):1157-1166.

米国とフランスの研究者による共同研究でICU患者の急性血圧低下エピソード(AHE)を血圧、心拍数、パルスオキシメーター波形を用いて予測することを試みた報告です。機械学習の手法を複数組み合わせたsuper learnerという手法が用いられています。具体的には60分間のデータを観察し、観察期間から10分後以降のAHEを予測できるかどうかを検討しています。観察対象の63%でAHEが発生し、最も予測精度の優れたsuper learnerのアルゴリズムではAUROCが0.88でかなり正確にAHEを予測することが可能であったと述べられています。

 

2020年6月 1日 (月)

脊椎手術における多角的鎮痛法

Maheshwari K, Avitsian R, Sessler DI, Makarova N, Tanios M, Raza S, Traul D, Rajan S, Manlapaz M, Machado S et al: Multimodal Analgesic Regimen for Spine Surgery: A Randomized Placebo-controlled Trial. Anesthesiology 2020, 132(5):992-1002.

米国のcleveland clinicで行われたRCTで、多椎間固定を伴う脊椎手術患者を対象として多角的鎮痛法が術後3日目のリカバリースコア、2日目までのopioid使用量に及ぼす影響をplaceboと比較しています。多角的鎮痛法はアセトアミノフェン、ガバペンチンの経口投与、リドカイン、ケタミンの持続静注で校正されています。約300症例を組み入れた段階で行われた中間解析で多角的鎮痛法の有用性が認められなかった為、中止となっています。術後24時間時点でのpain scoreが多角的鎮痛群で有意に良好ですが、臨床的な意義は少ないと述べられています。

 

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

過去の記事

近況報告

  • 体液代謝管理研究会
    2/22(土)に昭和大学で体液代謝管理研究会が開催されます。管理人は共催セミナーで「輸液は腎臓を守れるか」というタイトルで発表させていただきます。多数のご参加をお待ちしております。
  • 2020年
    13年目になりました。引き続きよろしくお願いいたします。
  • 臨床麻酔学会シンポジウム
    11/8(金)午後の筋弛緩に関するシンポジウムに多数のご参加いただきありがとうございました。
  • 第66回日本麻酔科学会
    初日の午後のシンポジウムおよび最終日のリフレッシャーコースで発表させていただきます。2日目の学術委員会企画でも座長を仰せつかっております。多数のご参加をお待ちしております。
  • 集中治療医学会@京都
    第20会場でのICUモニタリングup-to-dateというシンポジウムに多数ご参加いただきありがとうございました。
  • J Intensive Care
    本年もreviewer of the yearに選んでいただきました。
  • 麻酔科研修ノート第3版
    稲田先生、上村先生、土田先生、村川先生編集による第3版が刊行されました。管理人も3項目執筆いたしました。
  • 2019年
    12年目になりました。ひきつづきよろしくお願いいたします。
  • Web seminar
    9/25夕方、大塚製薬工場さん主催のweb seminarで「生理学でひもとく最近の周術期循環管理」という内容で発表させていただきました。再放送も予定されているとのことですので、ご興味のある方は大塚製薬工場の担当者にご相談ください。
  • 病院移転
    6/16に行われた管理人の施設の移転が地上波で放送されることになりました(7/27夜NHK)。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ