Prospective study

2020年7月10日 (金)

小児心臓手術患者に対する術中dexamethasone投与が術後合併症に及ぼす影響

Lomivorotov V, Kornilov I, Boboshko V, Shmyrev V, Bondarenko I, Soynov I et al: Effect of Intraoperative Dexamethasone on Major Complications and Mortality Among Infants Undergoing Cardiac Surgery: The DECISION Randomized Clinical Trial. Jama 2020, 323:2485-92.

ロシア、ブラジルおよび中国の4施設で行われたrandomized studyで、12ヶ月未満の小児心臓手術患者においてdexamethasone 1mg/kgが術後30日までの死亡、AKI、人工呼吸期間延長などの術後合併症に及ぼす影響をplaceboと比較しています。月齢中央値6ヶ月の約400症例を対象として解析した結果、dexamethasone群でやや合併症発生率が低い傾向が示されていますが、統計学的有意差は認められませんでした。一方、血糖値はdexamethasone群で有意に高値を示しています。

 

2020年7月 7日 (火)

高齢非心臓手術患者ではfrailは術後せん妄と関連するが、認知機能低下とは関連しない

Mahanna-Gabrielli E, Zhang K, Sieber FE, Lin HM, Liu X, Sewell M et al: Frailty Is Associated With Postoperative Delirium But Not With Postoperative Cognitive Decline in Older Noncardiac Surgery Patients. Anesthesia and analgesia 2020, 130:1516-23.

米国の研究者が行ったprospective studyで、術前のfrailと術後せん妄、術後認知機能低下の関連を調査しています。65歳以上の非心臓手術をうける患者167症例を対象として術前のfrail状態、術前および術後3ヶ月の認知機能、術後せん妄の有無を調査しています。術前のfrail状態をrobust、prefrail、frailの3段階に分類し、結果として対象患者の18.6%、48.1%がfrail、prefrailに分類されています。術後せん妄は25.3%の症例で発生し、術前frailまたはprefrailは術後せん妄のリスクを2.7倍に増加させることが示されています。一方、14%の症例で術後認知機能の低下が認められていますが、術前frailまたはprefrail都の有意な関連は認められませんでした。

 

2020年7月 6日 (月)

術後肺合併症に関するsugammadexとneostigmineによる拮抗の比較

Kheterpal S, Vaughn MT, Dubovoy TZ, Shah NJ, Bash LD, Colquhoun DA et al: Sugammadex versus Neostigmine for Reversal of Neuromuscular Blockade and Postoperative Pulmonary Complications (STRONGER): A Multicenter Matched Cohort Analysis. Anesthesiology 2020, 132:1371-81.

米国の研究者がまとめたretrospective studyで、筋弛緩拮抗薬の相違が術後呼吸器合併症に及ぼす影響を解析しています。12施設、約12万症例から背景情報をmatchさせたneostigmine群、sugammadex群それぞれ2万2千症例で比較しています。呼吸器合併症の発生率はneostigmine群、sugammadex群それぞれ4.8%、3.5%で、sugammadex使用により呼吸器合併症の発生リスクを30%低下させることが示されています。



 

2020年7月 3日 (金)

グラム陰性桿菌菌血症に対するCRPを指標とした治療の有効性

von Dach E, Albrich WC, Brunel AS, Prendki V, Cuvelier C, Flury D et al: Effect of C-Reactive Protein-Guided Antibiotic Treatment Duration, 7-Day Treatment, or 14-Day Treatment on 30-Day Clinical Failure Rate in Patients With Uncomplicated Gram-Negative Bacteremia: A Randomized Clinical Trial. Jama 2020, 323:2160-9.

スイスの3施設で行われたRCTで、グラム陰性桿菌菌血症に対する治療期間と予後の関連を3群で比較しています。14日間治療継続群を対照として7日間治療継続群、CRP参照群で30日後の治療不成功が非劣勢かどうかを検討しています。CRP参照群ではCRPの最高値から75%減となった時点で治療終了としています。対象約500症例で平均年齢79歳、感染巣としては尿路感染、起因菌としてはE. coliが最多と記載されています。結果としてCRP治療群での治療期間の中央値は7日間で、CRP参照群、7日間治療群は14日間治療群に対して非劣勢であることが示されています。治療不成功のリスク因子としては体内インプラントの存在、肺感染症が抽出されています。





 

2020年6月30日 (火)

高齢患者における全身麻酔は脳amyloid蓄積を増加させない

Sprung J, Warner DO, Knopman DS, Petersen RC, Mielke MM, Jack CR, Jr., Lowe VJ, Martin DP, Hanson AC, Schroeder DR, Przybelski SA, Schulte PJ, Weingarten TN, Vemuri P: Exposure to surgery with general anaesthesia during adult life is not associated with increased brain amyloid deposition in older adults. Br J Anaesth 2020; 124: 594-602

米国の研究者が行ったdatabaseを用いた研究で、高齢者における全身麻酔とAlzheimer病の関連を調査しています。用いたDatabaseは70歳から97歳までの高齢者の認知機能を経時的に追跡したもので、15ヶ月毎にPETとMRIが行われています。Alzheimer病の指標としてはPETによるAmyloid betaタンパクの蓄積と側頭葉の皮質厚を用いて評価しています。40歳以降に全身麻酔下に手術をうけた約500例と手術歴のない約90症例を比較した結果、Amyloid betaタンパクの蓄積の蓄積に関しては有意差がなく、側頭葉の皮質厚に関しては手術歴のある群で有意に低下していることが示されています。考察では高齢者における術後の認知機能低下はAmyloid betaタンパクの蓄積以外の病態で発生している可能性が高いと述べられています。







 

2020年6月25日 (木)

重症患者における安静時エネルギー消費量と病期の関連

Tah PC, Lee ZY, Poh BK, Abdul Majid H, Hakumat-Rai VR, Mat Nor MB et al: A Single-Center Prospective Observational Study Comparing Resting Energy Expenditure in Different Phases of Critical Illness: Indirect Calorimetry Versus Predictive Equations. Critical care medicine 2020, 48:e380-e90.

マレーシアの研究者が行ったprospective, observational studyで、ICU患者におけるエネルギー消費量の推定式の精度を検証した報告です。エネルギー消費量推定式としては15種類、修正版を加えると34種類が検討対象となっています。対照には間接熱量計の測定値が用いられており、急性期、後期および慢性期に評価を行っています。約300症例を対象として解析した結果、いずれの推定式の精度もmoderateと結論されています。推定式の中では1990年に人工呼吸患者を対象として確立された推定式が最も一致度が高かったと述べられています。

 

2020年6月23日 (火)

非心臓手術後の高感度troponin T上昇と術後合併症の関連

Ackland GL, Abbott TEF, Jones TF, Leuwer M, Pearse RM: Early elevation in plasma high-sensitivity troponin T and morbidity after elective noncardiac surgery: prospective multicentre observational cohort study. British journal of anaesthesia 2020, 124:535-43.

VISION studyのsubstudyで、VISION studyに参加した英国の4施設のdataを用いて術後24時間以内の高感度troponin T濃度上昇と術後合併症の関連を検討しています。対象となった約4300症例のうち、23%で高感度troponin T濃度上昇が認められています。術後7日目までの合併症発生率はtroponin T非上昇群、上昇群でそれぞれ34%、55%で有意差が認められています。この他troponin T上昇群では死亡率、重症合併症発生率、ICU滞在期間延長などが認められています。考察ではtroponin Tが術後riskをreal timeに反映する指標となり得ると述べられています。

 

2020年6月16日 (火)

高齢長時間手術患者における術後肺合併症に及ぼすsugammadexとneostigmineの比較

Togioka BM, Yanez D, Aziz MF, Higgins JR, Tekkali P, Treggiari MM: Randomised controlled trial of sugammadex or neostigmine for reversal of neuromuscular block on the incidence of pulmonary complications in older adults undergoing prolonged surgery. Br J Anaesth 2020; 124: 553-561

米国で行われたRCTで、筋弛緩拮抗薬が術後肺合併症に及ぼす影響を比較しています。70歳以上、3時間以上の開腹手術患者200症例を対象として術中は神経刺激装置を用いてTOFC =2となるよう管理し、neostigmine 0.07mg/kgあるいはsugammadex 2mg/kgが投与されています。PACUでの残存筋弛緩はsugammadex群で10%、neostigmine群では49%と報告されています。院内での呼吸器合併症はsugammadex群で少ない傾向が認められますが、統計学的有意差は認められませんでした。術後再入院率はsugammadex群で有意に減少しています。

 

2020年6月15日 (月)

くも膜下モルヒネ投与による硬膜穿刺後頭痛の予防

Peralta FM, Wong CA, Higgins N, Toledo P, Jones MJ, McCarthy RJ: Prophylactic Intrathecal Morphine and Prevention of Post-Dural Puncture Headache: A Randomized Double-blind Trial. Anesthesiology 2020, 132:1045-52.

米国の研究者が行ったRCTで、偶発的硬膜穿刺後頭痛(PDPH)の治療手段として、くも膜下morphineの効果を生理食塩水と比較した報告です。この研究は2010年に硬膜外morphineがPDPHの治療として有効であったという報告に基づいて計画されています。硬膜外ブロックによる無痛分娩の際に偶発的硬膜穿刺を生じた症例で、Thouy針からくも膜下にカテーテルを挿入し、無痛分娩を行い、分娩後にくも膜下morphineまたは生理食塩水を投与しています。63症例を対象として中間解析を行った結果、両群ともPDPHの発生頻度が78%程度で、有効性が示される可能性が低いと結論され中止となっています。くも膜下morphineに特有のかゆみ等の症状が見られておらず、有効でなかった理由の一つとして薬液がくも膜下腔から漏れ出た可能性が考察されています。

 

2020年6月 8日 (月)

sevoflurane麻酔下での脳波波形は年齢による影響を受ける

Kreuzer M, Stern MA, Hight D, Berger S, Schneider G, Sleigh JW, García PS: Spectral and Entropic Features Are Altered by Age in the Electroencephalogram in Patients under Sevoflurane Anesthesia. Anesthesiology 2020, 132(5):1003-1016.

ドイツ、米国、ニュージーランド、スイスの研究者がまとめたprospective, observational studyで、BISおよびEntropyモニタが年齢によってどのように影響されるかを調査した報告です。propofol導入sevoflurane維持下の180症例から18-43歳までの症例46例と73-90歳までの46例で比較しています。結果として年齢が上がると脳波全体の電圧が低下しますが、周波数帯域によって差があり、beta波のoscillationが年齢による影響で減少するのに対して、alpha波のoscillationには変化が見られなかったと述べられています。さらに年齢による変化を検出するうえでは周波数別の変化に加えてentropyの増加を取り入れることが有用であると述べられています。

 

より以前の記事一覧

過去の記事

近況報告

  • 体液代謝管理研究会
    2/22(土)に昭和大学で体液代謝管理研究会が開催されます。管理人は共催セミナーで「輸液は腎臓を守れるか」というタイトルで発表させていただきます。多数のご参加をお待ちしております。
  • 2020年
    13年目になりました。引き続きよろしくお願いいたします。
  • 臨床麻酔学会シンポジウム
    11/8(金)午後の筋弛緩に関するシンポジウムに多数のご参加いただきありがとうございました。
  • 第66回日本麻酔科学会
    初日の午後のシンポジウムおよび最終日のリフレッシャーコースで発表させていただきます。2日目の学術委員会企画でも座長を仰せつかっております。多数のご参加をお待ちしております。
  • 集中治療医学会@京都
    第20会場でのICUモニタリングup-to-dateというシンポジウムに多数ご参加いただきありがとうございました。
  • J Intensive Care
    本年もreviewer of the yearに選んでいただきました。
  • 麻酔科研修ノート第3版
    稲田先生、上村先生、土田先生、村川先生編集による第3版が刊行されました。管理人も3項目執筆いたしました。
  • 2019年
    12年目になりました。ひきつづきよろしくお願いいたします。
  • Web seminar
    9/25夕方、大塚製薬工場さん主催のweb seminarで「生理学でひもとく最近の周術期循環管理」という内容で発表させていただきました。再放送も予定されているとのことですので、ご興味のある方は大塚製薬工場の担当者にご相談ください。
  • 病院移転
    6/16に行われた管理人の施設の移転が地上波で放送されることになりました(7/27夜NHK)。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ